埼玉県入間市 / 有限会社諸井工務店 / 個性的な完全オリジナル木造注文住宅/古民家移築/古民家解体/古材販売
お問い合わせ資料請求お待ちしております
TEL 04-2964-4540
FAX 04-2966-0145(24時間OK)
TOP→ 会社情報→ お問合わせ→
代表者挨拶
会社情報
宿泊体験展示場
アクセスマップ
安心の保証体系

スタッフ紹介
所長ブログ
設計士 氣仙のブログ
事務員の現場レポ

楽しい家づくり事業とは
どんなことができるのかな?
楽しい思い出写真館

本格的在来木造建築
外断熱工法(すっぽり断熱)
素材〜こだわる〜
コンセプトハウス

デジタル写真館
お客様の声

美容系
飲食系
その他

どんな古材があるの?
蔵・古民家の解体
古材施工例

数寄舎とは
鍵山荘

資料請求
お問い合わせフォーム

大工求む
設計士求む

リンクのページ

サンプルムービー


外断熱工法(すっぽり断熱)


 断熱はどうして必要なのでしょう?
 
  多くの人が「省エネのため」と答えるのではないでしょうか?
 
  もちろん断熱をすれば省エネにつながりますが、
断熱の目的はそれだけではありません。
断熱の本来の目的は・・・
家の中で暮らす人が健康で快適に過ごすため
そして建物を健康に保ち、長持ちさせるためでもあります。
 
  ところが現在の住まいには、断熱不足や断熱への理解が足りない為に、
不健康で不快なものが少なくありません。
現在の住まいがどんな問題をかけているのか、一緒に考えてみましょう。
 
 建物だって健康第一!
 
  「木材」は上手に使えば1000年以上も
長持ちする丈夫な材料なんです。
 
 地震列島日本。現在日本の住宅はさまざまな地震対策がなされています。
 
  耐震工法・免震工法・制震工法・・・
でもせっかく頑丈に建てた住まいも、腐ってしまっては意味がありません。
日本の住宅に使われる代表的な素材である「木材」は、上手に使えば数百年、
ものによっては1000年以上長持ちする丈夫な材料です。
 
  ところが日本の住宅の平均寿命は26年ともいわれ、
諸外国に比べて短すぎるのが現状です。
 
  もちろん全ての住宅が壊れたことが原因で、立て直されているわけではありません。
しかし、30年前後住宅ローンを利用して、
やっとできた我が家が26年しかもたないというのはとてもつらいことです。
 
  住宅の寿命を縮める最大の要因が「結露」による
木材の腐れといわれ、この「結露」を止めることが、
現在の住まいづくりの大きなテーマとなっています。
 
 21世紀は環境の世紀ともいわれています。
 
  なかでも「地球温暖化」は、世界レベルで取り組まなければならない問題です。
まずは住宅の省エネ化をとおして、温暖化ガスの排出を抑えなければなりません。
 
  また壊せば大量の温暖化ガスをだしてしまう住宅は、
長く住み続けることが環境対策につながるのです。
 
 
 約1400年以上経っても健康な法隆寺  
 
 次のページへ→





Copyright © 2005-2008 Moroi Koumuten Co.,Ltd. All Rights Reserved.