古民家 蔵 解体・再生 事例
瑞穂町 M様蔵解体 作業風景
江戸時代の大きな蔵を当社スタッフが丁寧に手作業行にてばらします。江戸時代の職人さんの手仕事の偉大さに触れることの出来る貴重な時間でもあります。
蔵は貫工法でできておりますが、楔のうちかたや、土壁の素晴らしい施工法など様々な箇所の仕事で当時の職人さんの息吹や動きが感じられます。
再利用                       
入間市 焼き鳥 楽”様にて古材再利用の様子 
蔵の窓を店のメイン看板として再利用。確かな設計力に遊び心をプラス。
熟練の当社スタッフが個性の強い古材を使いこなし、強さのなかにも優しく上品な雰囲気へと仕上げていきます。
完成                      
店舗ならではの古材の使い方で、個性と居心地の良さを演出。「どこか懐かしい感じ」に仕上がりました。この雰囲気は何百年も生きてきた古材の良さ、自然素材ならではの本物の良さから来るのでしょうか・・・。










Copyright © 2005-2008 Moroi Koumuten Co.,Ltd. All Rights Reserved.