蔵の解体作業風景
入間市指定文化財旧黒須銀行が所有していた質蔵。明治に建てられた大きな蔵です。老朽化の為、やむなく取り壊しとなりました。この歴史的にも重要な蔵を、近隣の方にご迷惑をお掛けしないよう、細心の注意を払って手作業にて丁寧に解体していきます。
瓦も一枚一枚はがしていきます。もちろん手作業です。
鬼瓦をはずすと棟瓦の断面が出てきました。
瓦をはがし終えると、土や下地の杉皮、そして竹などが7〜9cm程打ってありました。土をきれいに落としたら、やっと松の野地板のお目見えです。瓦も大事に大事に並べられています。それにしてもすごい量ですね!
蔵の中に100年ぶりに日の光が入りました。
釘や金物を1本も使っていない小屋組みです。傷をつけないように慎重にはずしていきます。
2階の大梁は幅7寸高18寸の凄い梁でした。大黒柱は松で300角。無節でこちらも素晴らしいものです!
1本1本台付けをかけてレッカーで吊っていきます。皆で呼吸を合わせて慎重に・・・。
梁をはずす時は、特に細心の注意が必要です。栗の木のシャチもきれいに取れました。100年の間大黒柱と梁とをつないでいた立役者です。大黒柱が乗っていた石には炭が塗ってありました。腐朽防止の知恵ですね。
ばらした梁と大黒柱です。すごい存在感です!!
屋根土の下地の竹です。肉厚の真竹が使用されぐるぐると巻きつけてある縄も土をとって見るとしっかりしていました。
解体した古材は、新たな活躍の日まで倉庫でしばし横になって休息です。

これらの古材を再利用したお家はコチラ










Copyright © 2005-2008 Moroi Koumuten Co.,Ltd. All Rights Reserved.