解体から再生へ  古民家再生ストーリー
解体                   
保管 ・ 乾燥              
丁寧に運ばれた古材は、当社の古材倉庫にてしばしの休息に入ります。
古材の使用をご希望のお客様にはこちらの倉庫にて、ご自分の家のための古材や古民具などを実際に見て、触って選んでいただいております。(宝探しみたいですね!)
施工(いよいよ再生)        
さあ、いよいよ蔵の梁や大黒柱が新たな息吹きを吹きかけられ、新たな家として復活します!今回は本格的な古民家の再生ということで、解体した蔵をまた再現していきます。昔の匠の意思や技術を誠実に受け継ぎ次世代へと伝承する・・・。まさに江戸時代と現在の匠のコラボレーションです!
日本の伝統的な継ぎ手による木組みの技術、そして貫構造、土壁の家は住みやすく、丈夫で長持ちですが、それだけではありません。地震にもとっても強いのですよ!まさに日本の誇る先人の知恵ですね。
構造材の搬入が始まりました。思わず「すごいっ」とご近所の方が見に来られたといいます。並べられた古材は本当に大迫力。
古い木材と新しい木材ががっしりと手を結び、強く美しい木組み。
昔の人はどうやってこの太く大きい木材を持ち上げ、組んでいったのでしょう?きっと今よりたくさんの人が家づくりには参加していたのでしょうね。
上棟式の様子と、形になっていく外観及び室内の様子。細かいところまでこだわり、じっくりとつくり込んでいきます。
解体した蔵の蔵戸を玄関ドアに。上品ながら主張もあるケヤキの逸品です。蔵、古材の空気感、雰囲気はそのままに住みやすく・・・。匠の技術、アイデアと設計力、そしてお客様とコミュニケーションを密にして、お客様が本当に望む、一生物の家が完成していきます。
こちらは、下駄箱の扉に俵屋宗達の風神と雷神の姿を銘木の木目を使って象嵌(ぞうがん)しているところです。今にも動き出しそうです!これから、玄関は風神雷神が守ってくれますね。
お施主様と当社スタッフが見上げているのは、天井に貼る予定の和紙ののサンプルです。天井全体が間接照明になる予定で、亀甲網の上にニシジマ和紙という、化学薬品を一切使わない手づくり和紙を貼ります。
お施主様自ら取り付けているのは、藍染めの型紙から作った手づくり照明です。いい味ですね。
完成
歴史ある蔵が、現代の蔵として新築の住居というかたちで再生されました。素材の良さが圧倒的な存在感として際立ちます。
詳しい写真は家づくり物語・デジタル写真館「本格的古民家再生の家」でもご覧いただけます。










Copyright © 2005-2008 Moroi Koumuten Co.,Ltd. All Rights Reserved.